ホーム

部品を確実に結合するリベッティングは、家電、服飾から自動車、航空機、機密機器、医療機器まで、時代を超えてあらゆる分野で必要とされる技術です。
日本で最初にリベッティングマシンを手掛けた坪根弘直を創業者とする弘機商会は創業以来60年、独創的な発想と日本のモノづくりの心で、国内外の製造業に広く貢献して参りました。
リベッティングマシンのパイオニアとして1970年代初期には初代の打撃式に代わり、今日に至るまでスタンダードマシンに位置付けられる空圧式リベッティングマシンの製作を開始しています。
そして近年では世界に先駆けて次世代型サーボ式リベッティングマシンの開発に成功し、高精度、高速、低環境負荷などのメリットで、より高付加価値な用途に新しい可能性を開きました。
不断の改良を行いより信頼される機会を提供すると言う創業者の精神は、私達の間で脈々と受け継がれています。
これからも弘機商会は確かな技術に基づいて、世界中のお客様のさまざまなニーズにお応えし、人が安心して暮らせる社会づくりに力を尽くしてまいります。

当社は全国でも有名な中小企業のメッカ大田区で、昭和26年から元気なモノづくりネットワークの強みを活かし事業展開を図っています。
当社の製品は、高度な技術を活かしつつも短納期・低コストを目指しています。

カシメ機(リベッティングマシン)とは

主にリベット(鋲)の頭を塑性変形させる(潰す)機械です。パイプの外周を押し広げたり、フタをして外周を内側に絞り込む事も行います。
装置名称はスピンカシメ機の他「リベッティングマシン」「ローリングカシメ機」[リベッター]と呼ばれています。

カシメ機の特徴

カシメ盤は、加圧と回転を繰り返します。
わずかに傾けて取り付けらたポンチは優しくかつ正確に作業を行います。

カシメ機のメリット

回転しないプレス機よりも非常に小さな力で、大きく変形する事ができるので、設備を小型化できます。
また、力まかせに押しつぶすわけではないので、デリケートな製品との相性や精度に優れています。

カシメ事例

累計1万社以上の企業様に採用されています。
自動車や鉄道、航空等乗り物の部品。 電化製品や住設等の留め具や回転部。
スイッチや半導体等の極小部品や割れやすい物のカシメ。
生活用品や衣料品等良く目にする物のリベット部。
介護用品やベビー用品、 医療機器の製造にも採用されています。

もの作りには欠かせない締結技術「かしめ」を提案いたします。経験豊富な当社へお問い合わせください。

コメントは受け付けていません。